AGAってなに?AGAの解説と3つの原因について

AGAとは?その原因も解説

薄毛を予防するためには、まずAGAの存在を理解する必要があります。
AGAの意味と原因について、ご紹介していきます。

 

AGA(男性型脱毛症)とは?

最近では、テレビのCM等でも「AGA」というワードをよく耳にするようになりました。

AGAとは、Androgenetic Alopeciaの略で、男性型脱毛症を表しています。

薄毛や脱毛に悩む男性の大半が、このAGAだと言われています。

AGAは、20代のうちから発症する場合もあり、年を取ると共に進行していきます。

初めは髪の毛の1本1本が細くなっていき、徐々に薄毛になっていきます。

薄くなっていくのには、頭頂部からであったり、前頭部からであったり、人によって個人差があります。

 

AGAの原因

AGAになる原因は様々なことが考えられますが、大きく分けて、男性ホルモンの乱れ、不規則な生活習慣、遺伝の3つに分けることができます。

 

男性ホルモンの乱れ

AGAの原因である男性ホルモン

AGAには「DHT(ジヒドロテストステロン)」という男らしさのもととなる、男性ホルモンが関係しています。

男性ホルモンは、男性の胎児期に性器の発達を促す働きを持っています。

しかし、思春期を過ぎた頃から、Ⅱ型5aリダクターゼという酵素と結合し、悪玉男性ホルモンへと変化する場合があります。

この悪玉男子ホルモンは、抜け毛の原因となる強い物質に変換されるため、薄毛の要因となります。

 

不規則な生活習慣

AGAの原因となる生活習慣について

バランスの悪い食生活や不規則な生活、誤った洗髪などは、AGAを悪化させてしまう要因になります。

脂っこい食事や高カロリーの食事などの偏った食生活により栄養素が不足すると、髪へ栄養が届かず成長の妨げとなってしまいます。

また、22時から深夜2時にかけて成長ホルモンが分泌されるゴールデンタイムと言われますが、この時間帯に深い眠りについていないと、成長ホルモンはうまく分泌されません。

また、喫煙やアルコールの過剰摂取も、血行不良を起こし、髪の細胞に栄養が届かなくなり、抜け毛や薄毛の原因になります。

 

AGAの改善するために、規則正しい生活習慣はとても重要なポイントです。

 

遺伝

AGAの薄毛の原因である遺伝について

AGAの遺伝子は、母方父方の両家系から遺伝します。

しかし、一番重要なことは、母方からAGAの遺伝子を受け継いでいるか否かです。

もし、母方の祖父がAGAだった場合、AGAの遺伝子を受け継いでいる可能性が高くなります。

ただ、両親のどちらからも遺伝するケースは、当然ながら存在します。

遺伝は、AGAの要因に大きく関わってきますが、改善はできないため、AGA対策をするようにしましょう。

 

コメントを残す