薄毛予防のための頭皮を清潔に保つ3つのポイント

薄毛予防のための頭皮を清潔に保つ3つのポイント

薄毛を予防するには、頭皮を清潔にするのが大切なポイントです。
特に重要な、3つのポイントについてご紹介します。

各ポイントについて、どれほどできているでしょうか?

 

頭皮の清潔さと薄毛の関係性

髪の毛にとって、頭皮が清潔であることは薄毛を予防する1つの方法です。

頭皮を清潔な状態に保つことにより、ヘアサイクルが滞ることが少なくなり、薄毛の予防にもなるのです。

ここでは、頭皮を清潔に保つために行うと良い、3つのポイントをご紹介します。

 

頭皮を清潔に保つ3つのポイント

ブラシを清潔に

ブラシをキレイにして頭皮の清潔を保つ
毎日のブラッシングは髪の毛を整え、ホコリや汚れを取ってくれるため、薄毛予防に効果があります。

しかし、そのブラッシングも、やり方を間違えると、逆効果になってしまうことがあります。

まず、ブラシによる頭皮マッサージは血流を改善するなどの効果があります。

しかし、一般に市販されている通常のブラシはマッサージ用に作られてはいません。

マッサージなどにより頭皮にブラシが当たると、細かい傷がつくことがあります。

できた傷からブラシの雑菌が入ると、頭皮トラブルに発展する可能性もあります。

最近では、ブラシ用のブラシクリーナーも販売されていますので、ブラシも清潔さを保ち、雑菌をため込まないようにしましょう。

また、マッサージ用のブラシを持っていない場合には、自分の手で頭皮マッサージすることもできます。

 

こまめに汗を拭き取る

こまめに汗を拭いて頭皮を清潔にする
特に夏には、頭皮からも汗が噴き出てきます。

体にとって必要なことではありますが、この汗も、薄毛には大敵なのです。

汗を拭かないでそのまま放置していると、その塩分で髪の毛の蛋白質が固まり毛穴が詰まったり、蒸れた状態の頭皮に雑菌が繁殖したりします。

その結果、髪が傷んだり臭いが酷くなったりするのです。

濡れたままにせず、早めにタオルで拭き取りましょう。

その際、傷がつかないよう、優しく拭き取ることも重要です。

 

シャンプーは肌に優しいものを

頭皮に優しいシャンプー
薄毛が気になる際、どういった種類のシャンプーを選ぶべきなのでしょうか。

清潔な頭皮を保つために汚れを取り去ることは重要ですが、使用するシャンプーの種類も考慮しなければなりません。

石油系のシャンプーには界面活性剤が添加されており、洗浄力が高くなっています。

しかし、こういった強力なシャンプーにより過剰に皮脂を取り除いてしまうと、頭皮はそれに反応して新しい皮脂の分泌を促すため、清潔にするどころか育毛環境を悪化させてしまうこととなる場合があります。

また、頭皮の皮脂が過剰になり過ぎると、脂漏性皮膚炎という病気になることもあります。

皮脂が常在菌により分解される際、発生する遊離脂肪酸が頭皮に刺激を与え、これが脂漏性皮膚炎発祥の原因となり得るといわれているのです。

そのため、天然由来のシャンプーなど、頭皮に優しいものを選ぶことが、毛根を傷つけず、ひいては薄毛を予防することにも繋がります。

 

コメントを残す