薄毛を進行させて大丈夫?ドライヤーを正しくかける5つの注意点!

薄毛予防のためのドライヤーの注意点

普段、なにげなくかけてしまいがちなドライヤーですが、髪に大きなダメージを与えています。
正しくドライヤーをかけることで、そのダメージを最小限に抑えることができます。

ドライヤーをかける注意点について、紹介していきます。

 

薄毛にならないためのドライヤーの5つのポイント

タオルドライを入念に行う

薄毛予防のためにドライヤーの前にダオルドライをする

ドライヤーの熱を長時間当てると、髪を痛め頭皮の乾燥をすすませ、薄毛に繋がってしまいます。

ドライヤーの時間を短縮するため、タオルドライは入念に行いましょう。

ただし、早く終わらせようとタオルでゴシゴシとこすり合わせるのは、絶対に止めてください。

まずは、手を使いタオルごしに頭皮を押さえるように優しく水分を吸い取ります。

その後に毛先をタオルでつかむようにして拭きましょう。

 

手ぐしでとかす

薄毛予防のためにドライヤーの前に手ぐしを行う

髪をブラッシングすることは、髪を守り育てるのに大切なヘアケアです。

しかし、髪が濡れた状態にブラシをかけると、髪の引っ掛かりや絡まりにより、返って抜け毛や髪を痛める原因となってしまいます。

ドライヤーを使用する前に、なるべく手ぐしをかけておきましょう。

男性の場合は、髪が短い方が多いので、短時間で行うことができます。

手で行うことで髪にドライヤーの熱が直接当たらないよう調整できますし、手の皮膚が髪の水分を吸い取ってくれるため、早く乾かす効果もあるからです。

指の腹で根元を優しくこするようにして、同じ所にドライヤーの温風がとどまらないようにしましょう。

そうすることで髪の癖を押さえ、ふんわりと仕上げることもできます。

 

キューティクルに沿う

薄毛予防のためにドライヤーを一定方向にかける

キューティクルには髪のタンパク質や水分を閉じ込め、髪にツヤをもたらす役割があります。

濡れた髪はキューティクルが開きやすく、非常に弱くなっています。

そこにドライヤーをいい加減に当てると、キューティクルは簡単に剥がれ、パサつき傷んでしまうのです。

キューティクルは、根元から毛先に向かってうろこ状に重なり合っています。

乾かす時は前髪の根本・髪全体の根本・毛先の順番でドライヤーを当てましょう。

また、しっかりと髪を乾かさずに寝てしまうと、枕や布団に髪がこすれやすくなりキューティクルが剥がれてしまいます。

乾かし残しがないようにすることが大切です。

 

距離を離してかける

薄毛予防のためにドライヤーの距離を開ける

頭皮は45℃以上の熱を当てると、頭皮のもつタンパク質が変性します。

変性してしまうと髪は固くなり、潤いをなくしてしまうのです。

ドライヤーの熱は100℃前後もあります。

頭皮のタンパク質や髪のヤケドから守るため、20cm以上は離してドライヤーを当てましょう。

そして、温風である程度乾かした後、冷風に切り替えるのがコツです。

キューティクルが整いツヤ感がUPしますし、髪の水分を内部にギュッと閉じ込めてくれるからです。

ただし冷風に切り替えた後、まだ髪に冷たい箇所があったら、そこはまだ乾いていません。

もう一度温風に切り替えしっかりと乾かしましょう。

 

毛先にドライヤーをかけない

薄毛予防のためにドライヤーを毛先にかけない

髪の毛の毛先は、既に痛みが進んでいます。

その為、毛先に強くドライヤーの熱を当てるのは、その髪自体に大きなダメージを与えてしまいます。

きちんと根元を乾かしていれば、伝導熱や余熱で毛先も自然と乾いていくでしょう。

ですから、むやみに毛先にドライヤーをかける必要はありません。

 

コメントを残す