薄毛は髪型で大きく変わる!目立たないおすすめの髪型

薄毛が目立たないおすすめの髪型

薄毛が進行した場合に、髪型を変えることで大きく見た目が変わります。

薄毛が目立たないおすすめの髪型について紹介します。

 

薄毛が目立たないおすすめの髪型

パーマ

薄毛になると髪を思い切って短くすることに抵抗を覚えてしまいがち。

そんな方におすすめなのが、あまり髪を短く切らずにできるパーマスタイルです。

ここで注意しなければならないのは、パーマを毛先だけクルクルにするタイプは避けるということです。

毛先にだけボリュームがでてしまうと、薄くなった部分が際立ってしまいます。

そこで根元を立ち上げるように「ふんわりとかけるパーマ」がおすすめです。

薄毛の部分も柔らかくボリュームが出るため、気になる薄毛を目立たなくすることができるのです。

この方法は、薄毛が大きく進行してしまっている方にはあまりおすすめできません。

ただ、パーマは継続してかけていかなければならないため、必然的に髪や頭皮に負担がかかってしまいます。

頭皮や髪のダメージによって薄毛がより進行してしまう恐れがあるのです。

 

サイド刈り上げ

パーマは頭皮のダメージが心配という方には、サイドの刈り上げがおすすめです。

ソフトモヒカンならサイドのボリュームを抑えつつ、トップにボリュームを出す髪型なので薄毛が目立たなくなります。

M字ハゲの方なら前髪を上げてトップにボリュームを持たせるこの髪型は、あえてM字を生かすことができるので効果的です。

全体的に薄毛の方にはツーブロックがおすすめです。

こちらもサイドがすっきりしているので、薄毛がより気にならなくなる効果的な髪型といえます。

ツーブロックとソフトモヒカンと組み合わせればよりボリューム感が出て目立たなくなりますね。

 

短髪

少なくなってしまった髪の毛を少しでも多く見せたい場合、髪を長くしたい傾向がありますが、髪に重さが出てしまうせいで、トップがつぶれてより薄毛が目立ってしまうことがあります。

そこで思い切って短くしてしまったほうがアレンジもききやすく、ボリュームも出しやすくなるのです。

前髪を長くして隠したり、髪を長くして薄い部分を覆い隠そうとしている方も見受けられますが、逆に汗をかいたり風が吹いたりすると薄くなった部分が露呈してしまって目立ってしまいます。

さらに額を出すのも効果的な方法の一つです。

おでこを隠したいがために無理に前髪を下すよりも、短くして前髪を立たせると清潔感も出るため好印象になります。

 

薄毛が目立つ髪型

逆に薄毛が目立ってしまう髪型とはどのようなものがあるのでしょうか?

以下のようなことは避けるようにすると良いでしょう。

  •  薄い部分を前髪で隠している
  •  サイドが重たくなっている
  •  長い髪で強引に隠している

 

こちらは風や汗などで前髪が動いたときに隙間から地肌がのぞき、おでこの広さがより際立ってしまいます。

また、サイドが重くなっていると、頭頂部が薄くなっているのにサイドだけボリュームがある状態では落ち武者のように見えてしまいます。

顔全体のバランスも悪く、薄い部分がより目立ってしまうのです。

長い髪で無理やり隠す方法もあまり良くありません。

まだ薄くなっていない部分の髪の毛を長く伸ばして、少ない部分に強引に持ってきていると不自然でより髪の毛に目が行ってしまいます。

 

コメントを残す