薄毛予防に効果大?メカノスカルプマッサージの方法と注意点について

メカノスカルプマッサージの方法と注意点

頭皮マッサージの一つであるメカノスカルプマッサージ。
薄毛予防をするためには、とても大切なマッサージです。

誰でもできるメカノスカルプマッサージの方法と注意点について、紹介していきます。

 

メカノスカルプマッサージとは?

メカノスカルプマッサージとは?

メカノスカルプマッサージは、頭皮に物理刺激を与える事により、血行促進効果や頭皮・毛髪への良い効果を引き出すマッサージです。

「メカノバイオロジー」という毛髪再生医療分野で、現在とても注目されている概念をもとに行うので、毛髪再生関連遺伝子に直接働きかける効果も期待されています。

頭皮の毛穴は他の体の部分の毛穴よりも大きく、汗・皮脂・フケなどの老廃物、また整髪料が残りやすい特徴があります。

ですから、マッサージを行う事で頭皮自体が柔らかくなり、毛穴につまった汚れを出しやすくし、育毛の為の土台作りもできると言えます。

 

メカノスカルプマッサージの方法

メカノスカルプマッサージの手順
まずマッサージ効果をより引き出す為に、事前に温かいシャワーで首や肩回りを温め、血行を良くしておきましょう。

さらに、首を痛めないようゆっくり回して筋肉をほぐします。

リラックスした状態で行うことが大切です。

指の滑りを良くするため、シャンプー時やヘアオイルなどを使用して行うと、頭皮を傷つけにくいでしょう。

 

1.後頭部の下側を指圧する

まず5本の指を広げ、後頭部に這わせます。

この時、親指を両耳たぶの後ろに当て、指圧しながら横に流していき、中央部分まで親指を動かします。

2.後頭部の下半分を刺激する

親指を除いた4本の指を首と頭部の境目の少しへこんでいる部分に這わせ、頭皮を上下に押し動かします。

3.そのまま徐々に上にずらす

4本の指を押し動かしながら、頭頂部付近まで徐々に上にずらしていきます。

4.耳後ろを通る血管を指圧する

後頭部の次は側頭部のマッサージです。

親指を除いた4本の指で耳の後ろを下から上へ指圧します。

5.側頭部を刺激する

耳の上部までの指圧が終わったら、そのまま4本の指を今度は先ほどのように上下に押し動かして上にずらしていきます。

少し痛いくらいの力を込めて行う事で、自律神経に働きかけ、頭皮の代謝を良くします。

6.側頭部全体を刺激する

縦に動かし終わったら、次は横のラインです。

上下運動を継続させながら前に指をずらしていき、小指が眉尻の上に来るくらいまで移動させましょう。

7.後頭部側の頭頂部を刺激する

次は頭頂部をマッサージしていきます。

親指を除いた4本の指で頭頂部の分け目に沿うように這わせ、頭皮を押し動かします。

頭頂部にはリラックス効果をもたらすツボがあるため、頭皮のコリがほぐれ育毛効果を活性化させることができます。

8.前頭部を刺激する

そのまま押し動かしながら、指をおでこの方に向かってずらしていきます。

9.生え際を刺激する

最後に前頭部の生え際のあたりを親指を除いた4本の指を使って集中的に押し動かします。

 

メカノスカルプマッサージの3つの注意点

メカノスカルプマッサージの3つの注意点

爪を立てない

爪を立ててしまうと、頭皮が傷つき、傷ついた部分から皮膚トラブルを引き起こしてしまいます。

爪は短く切り、指の腹を押しあてるようにしましょう。

呼吸は深く

指圧やマッサージの最中は、力を込めても呼吸は止めてはいけません。

常に深呼吸をしているような気持ちで行い、リラックス効果を高めましょう。

継続して行う

効果を引き出すには、毎日継続して行うことが大切です。

目安としては、1日2回、朝と夜は入浴時に5分程度かけてゆっくり行うのが望ましいでしょう。

 

コメントを残す