薄毛にならないために注意すべき4つの生活習慣を意識していますか?

薄毛予防で気をつけるべき生活習慣

薄毛と生活習慣は大きな関係があります。
その中でも、特に注意すべき4点について紹介します。

 

薄毛にならないために気をつけるべき4つの生活習慣

バランスの良い食生活

バランスの良い食生活が薄毛を予防

食生活のバランスが悪いと以下の3つの症状が発生します。
これらにより、薄毛になる危険性が高まります。

  •  髪の毛が成長できず抜け落ちてしまう
  •  皮脂によって毛穴がつまり髪が発育しにくくなる
  •  肥満によって、さらに薄毛になりやすくなる

 

ヒトの体は、全て細胞でできていて、髪の毛も細胞でできています。
細胞は、血液から栄養素を取り入れ、呼吸をし成長しています。

髪の毛の細胞が栄養をとることは、成長して髪が伸びることにつながります。

野菜は取らず、脂っこい食事や外食・インスタント食品を良く利用される方は、脂質や塩分が多くなり血行不良を起こします。

血行が悪くなると、髪まで栄養が行き渡らない状態に陥ります。
髪の毛の成長に必要な成分が運ばれずに、途中で抜け落ちていってしまいます。

また、栄養が偏っていると、皮脂が多く分泌され、毛穴づまりを起こします。
髪の毛の発育に大きく影響を及ぼします。

暴飲暴食による内蔵を酷使した食生活も薄毛の原因となります。
肥満になりやすい生活ほど、薄毛にも関係してくるのです。

髪の毛は主にタンパク質・ビタミン・ミネラルで構成されています。

ビタミンやミネラルを含む果物や野菜、タンパク質の食事をバランス良く取り入れることで薄毛への改善になります。

 

ストレスを溜め込みすぎない

ストレスを溜め込みすぎないことが薄毛を予防する
現代では、ストレスは社会問題になっており、体や心に大きく悪影響を及ぼします。
ストレスを溜め込みすぎると、薄毛にも影響することが分かっています。

その原因は、ストレスがたまると、ホルモンが乱れると血管がしまり、血流が悪くなることにあります。

毛根に栄養を運べなくなり、髪の毛の成長を妨げてしまいます。

ストレスを受け止め、上手くストレスと向き合い、心や体のケアをしていくことが大事です。

 

睡眠時間をしっかりとる

睡眠時間を取ることで薄毛を予防
睡眠不足は薄毛の原因になることがあります。

生活をしている上で、髪の毛は様々なダメージを受けています。

パーマやカラーリングはもちろんの事、ヘアアイロンやドライヤー、太陽の紫外線などによって影響を受けています。

そのダメージは、人が眠っている間に修復しています。

しかし、睡眠不足が続くと髪の毛のダメージ修復がされず、完全に回復できません。
結果的に、抜け毛や薄毛の原因になってしまいます。

特に、22時から2時の間は、ヒトの成長ホルモンは分泌される時間帯です。

この時間にしっかりと睡眠を取ることで、髪の毛の修復も行え、ホルモンバランスも整い血行も促進されます。

まとまった睡眠の確保や、22時から2時の睡眠が難しい方は、少しでも睡眠の質を上げれるようにしましょう。

 

頭皮を清潔にする

頭皮を清潔に保つことで薄毛を予防
頭皮を清潔に保つことは薄毛の予防に効果的だと言われています。

例えば、水分も必要な肥料も無い荒れた畑に、どんなに良い種を蒔いても、芽は出ません。
しかし、潤い栄養が行きわたった畑に普通の種を蒔くと、しっかりとした質の良い芽が出ます。

頭皮(地肌)は、その大切な畑なのです。

脂が多い地肌は毛穴が詰まり、髪の毛の育成を邪魔します。

乾燥した頭皮も、血行不良により髪の毛が痩せ抜けやすくなり、やがては薄毛へと繋がっていきます。

毛穴の奥まできれいにできるように、念入りに頭を洗うことが大切です。

 

コメントを残す