私生活で薄毛予防したいと思ったら実践できる3つのこと!

薄毛予防のための3大ポイント

薄毛を予防したいと思ったら、まずはじめに実践すべき3つのことについて紹介します。

私生活の中で実践できるため、毎日意識して行うことで、薄毛予防の効果が徐々に表れてくるはずです。

 

薄毛予防に大切な3つのポイント

清潔な頭皮を保つ

薄毛予防のための頭皮を清潔に保つ3つのポイント

人間の体は、約60兆個の細胞で作られていますが、その内約4500億個もの細胞が日々生まれ変わっているのです。

その中でも特に、髪の毛を作り育てる「毛母細胞」は、頭皮の中で活発に細胞分裂を繰り返しています。

細胞分裂を繰り返し、新陳代謝の盛んな頭皮は、皮脂や汗で汚れやすくなっています。

男性の場合は、女性に比べて皮脂や汗の量が多いため、余計に汚れやすいのが特徴です。

毛母細胞の活性を促し、健康で元気な髪の毛を生やすには、土台となる頭皮の環境を清潔に保つことが重要なのです。

そして、シャンプーの本来の目的は「髪の毛を洗うこと」ではなく、「頭皮を洗い、清潔にすること」だといわれています。

シャンプーの前にまずは、シャワーのお湯だけでしっかりと髪の毛についたホコリや汚れを落とし、その後で優しく爪を立てず地肌を揉むようにシャンプーを行いましょう。

 

頭皮マッサージを行う

メカノスカルプマッサージの方法と注意点

シャンプーで土台を整えたら、次は髪に栄養を行き届かせハリ・コシのある元気な髪の毛を育てる必要があります。

頭皮マッサージは頭皮に刺激を与え、血の巡りを良くし、育毛を促進させる効果があります。

また薄毛の人の多くが、頭皮がとても固くなっているというデータがあります。

頭皮マッサージには、頭皮に弾力性をもたせ柔らかくする効果もあるのです。

 

それにより健康な髪が生えるだけでなく、脱毛も防いでくれます。

頭皮マッサージを行う際はシャンプー同様、爪は立てずに優しく、凝り固まった頭皮をほぐすように大きくゆっくりと動かして行いましょう。

また、椿油やホホバオイル等、頭皮用のオイルを使用すると指の滑りが良くなり、マッサージしやすくなります。

マッサージ後の頭皮の様々な効果を持続させるため、毎日継続して行うことが大切です。

まずは3ヶ月続けてみると、目に見えて変化を実感できるでしょう。

 

規則正しい生活

薄毛予防で気をつけるべき生活習慣

薄毛は、頭皮の角栓が大量に分泌された皮脂と絡み合い、大きなフケとなって毛根の周りを塞いでしまうことによっても進行してしまいます。

皮脂の正常な分泌を乱す要因の一つ、揚げ物など脂質の高い食事を好む人は要注意です。

栄養バランスに気を配り、健康な食生活を送ることが肝心です。

また、ストレスも薄毛の一つの要因となります。

何故なら人はストレスを強く感じると自律神経が乱れ、皮脂の分泌量をも狂わせてしまうのです。

ストレスの軽減と頭皮の代謝の促進のためには、軽い運動が一番良いとされています。

運動によって気分をリフレッシュでき、身体を動かすことで皮膚の代謝が活性化され、汗を流すことで頭皮の角栓の詰まりを流してくれるからです。

また、睡眠を十分取ることも不可欠です。

まとまった睡眠を取ることで自律神経のバランスが整い、ストレスが軽減されます。

そして髪は肌のターンオーバーと同様に、1日の中で夜10時~深夜2時にかけての時間が、一番健康な髪を育てます。

つい夜更かしをしてしまいがちですが、髪や頭皮のことを思うなら早寝を心掛け、規則正しい生活を送ることを意識しましょう。

 

コメントを残す