若白髪が目立つ?考えられる原因と予防方法について

若白髪の原因と対策方法

若白髪は、気づかない程度であれば良いのですが、一目でわかってしまうほど多いと悩みにつながります。

若白髪の原因と予防方法について、ご紹介します。

 

若白髪の原因は?

若白髪の原因は解明されている?

現在、若白髪に限らず、白髪が生える原因は、明確には解明できていません。

薄毛と白髪の原因が特定されて、その治療法が判るとノーベル賞をもらえると言われています。

しかし、研究自体は少しづつ進んでいます。

2009年には、髪の色素を作る色素幹細胞がDNAに傷がついてしまった時に修復出来ず、その結果、色素幹細胞は色素を作る細胞が無くなり白髪になるという研究が発表されました。

そして、ついに2015年に海外の美容メーカーの研究者が白髪に関係する遺伝子を発見したと言われています。

紫外線、大気汚染、活性酸素による酸化により、髪の色素をつくる組織が壊されるため、最終的に色素が作られなくなり、白髪の原因になるようです。

今の段階では研究途中のようですが、いつか、更に研究が進むと白髪を根本的に治療出来るかもしれません。

男性の白髪の生え始めの時期は、一般的に35歳からと言われています。

ですので、35歳くらいで白髪の場合は、年齢相応ということになります。

若白髪というのは、35歳未満の方、特に30歳未満の方に当てはまります。

研究では明らかになっていませんが、一般的に若白髪になる原因として、以下のようなことも影響があると言われています。

  •  睡眠不足
  •  ストレス
  •  紫外線や大気汚染
  •  遺伝

 

生活環境については、ストレスや上記で説明したように、紫外線や大気汚染なども含まれます。

また、その他にも、食生活の乱れやタバコ、飲酒などの生活習慣の乱れも影響があると言われています。

 

若白髪を防ぐには?

若い年代で生える白髪を予防

白髪の原因が明確にわかっていないため、若白髪はもちろん、白髪を生えないようにすることは難しいのが現状です。

ただし、生活習慣の乱れを改善することで、若白髪の予防につながる可能性があります。

もし、生活習慣を改善したい場合には、主に以下のようなことを意識すると良いでしょう。

  •  バランスの良い食事
  •  規則正しい生活
  •  紫外線対策
  •  タバコを吸わない
  •  ストレス発散 など

 

食生活を改善する場合には、抗酸化酵素を摂取すると良いでしょう。

ビタミンA、ビタミンC、ビタミンE、ポリフェノールは抗酸化物質として代表的です。

抗ストレス効果もあるビタミンCは、ストレスを感じると大量消費されます。

また、タバコや飲酒は活性酸素が増える原因です。

活性酸素による酸化により、白髪の原因にもなる可能性があるため、避けるに越したことはありません。

また、紫外線による酸化や日焼けなども注意すると良いでしょう。

強い日差しを避ける、日傘をさす、帽子をかぶるなどの対策方法があります。

 

コメントを残す