若白髪の量に応じて変えるべき5つの対処方法

若白髪の5つの対処方法

若白髪には様々な対処方法があります。

ご自身の状況に適した対処法を実施するようにしましょう。

 

若白髪の対処方法

若白髪はどう隠したら適切?

白髪に対して、以下のような5つの対処方法が考えられます。

  •  若白髪を抜く
  •  若白髪をカットする
  •  白髪染め
  •  ヘアマニキュア
  •  ヘアカラートリートメント

若白髪の多さに応じて、適した対処方法を行うようにすると、髪の毛に必要以上の負担をかけずに済みます。

 

数本の場合

若白髪の場合、黒い髪の毛の中に、数えられる数本程度だけ白髪が混じっているケースがほとんどです。

ハサミで短くカットするまたは、手で抜いてしまうことで対処することをおすすめします。

全体的に白髪染めをするのは、髪の毛や頭皮ダメージを考えると、あまりメリットがありません。

また、白髪を一本だけ取って染めていく事も現実には難しいです。

 

部分的な場合

一部だけ白髪が多い場合には、白髪染めでカラーリングするのは、健康な髪の毛や頭皮のダメージを与えすぎてしまいます。

ヘアマニキュアやヘアカラートリートメントで全体的に染める方法、又は、白髪染めで対象の部分だけを染めるもの良いでしょう。

頭皮と髪の毛のダメージを考えると、ヘアカラートリートメントやヘアマニキュアが優しいのでおすすめです。

 

全体的な場合

若白髪と言え、白髪に染まるのが早く、全体的になってしまう場合もあります。

その場合には、ヘアマニキュア、白髪染め、ヘアカラートリートメントなどの対処方法が適しています。

全体的に染める場合、ヘアマニュキュアは、化粧品の分類であり、肌トラブルや髪の毛のダメージに対しての安全性があります。

ただ、髪の毛が濡れた状態の時に色落ちしやすいので、枕や洋服、頭を拭いたタオルなどに色移りすることがあるというデメリットがあります。

また、外側だけがコーティングされるように染まった状態のため色持ちは、3〜4週間程度です。

白髪染めで染めた場合には、1〜2か月持つため一番長持ちする方法です。

ヘアトリートメントの場合は、シャンプー毎にほぼ毎回使用し続けることで、カラーが付着して、色持ちが持続していきます。

 

若白髪を抜くのは良くない?

若白髪は抜いていいの?

白髪を発見すると抜きたくなるのが、一番お手軽な対処方法だと思います。

しかし、若白髪や一般的な白髪どちらにも言えますが、白髪を抜いてしまうと、自然に抜け落ちた毛と違い、毛乳頭や毛母細胞まで毛と一緒に付いてきてしまうことがあります。

もしも、その大切な毛乳頭や毛母細胞を破壊してしまうと、そこからは、毛が生えてこなくなります。

若白髪だけでなく、薄毛に悩まされている場合には、若白髪を抜くのはおすすめできません。

薄毛が気になる場合には、抜かずにハサミで短く白髪だけをカットすることをおすすめします。

髪が伸びるとまた若白髪が目立ち始めるというデメリットもあります。

 

コメントを残す