頭皮のベタつきは薄毛に関係する?皮脂と薄毛について

頭皮の皮脂と薄毛の関係性

頭皮の皮脂は個人差によって分泌量に差があります。
あまり出ない人もいれば、多く分泌する人もいます。

そんな、頭皮の皮脂と薄毛の関係性について解説していきます。

 

頭皮の皮脂が多いと薄毛になる?

まずはじめに、皮脂とは、皮脂腺と呼ばれる皮膚内の小さな腺から出る油のことです。
皮膚に皮脂膜という膜を張り、私たちの皮膚や毛髪を乾燥などから保護する働きがあります。

皮脂膜は肌を健やかな弱酸性にし、雑菌の繁殖を抑制してくれています。

皮脂は体を守り、人間に必要不可欠なものと思われます。

しかし、頭皮の皮脂が過剰に分泌されると、毛髪に悪影響を及ぼすこともあるのです。

問題は、その分泌量で、肌の乾燥が顕著になってきたり、多くのストレスを感じたりすると、体は皮膚を守ろうと多くの皮脂を分泌します。

こうして、頭皮に皮脂がたまりすぎると、細菌が異常繁殖して頭皮が炎症を起こし、抜け毛が増える要因となります。

そのため、過剰な皮脂の分泌は、直接薄毛に関与している訳ではないのですが、薄毛をもたらす一つの要因となる危険性があります。

 

ケアする方法は?

頭皮の皮脂をしっかりとケアするには?

皮脂は頭皮に必要なものではありますが、適切な量が守られることが大切なことがわかりました。

では、どのように頭皮のケアを行なっていけばいいのでしょうか。

頭皮は体の他の場所に比べて皮脂腺が多く、その分皮脂の分泌は多くなります。

しっかり洗浄することが肝要ですが、人には個人差があり、脂性肌か乾燥肌かによってもその対策が分かれてくるのです。

皮脂の分泌が過剰で頭皮がべたつきがちな方は、脂性肌用の頭皮洗浄を目的としたシャンプーを選び、しっかりと皮脂を洗い流すことが大切です。

また、皮脂の分泌を抑制するため、べたつきを抑えるサラサラ系の化粧水を使用し、頭皮の環境を整えていくと、頭皮の改善が期待できます。

一方、頭皮がかさつきがちな乾燥肌の方は、脂性肌用の強力なシャンプーでは、必要な皮脂さえも取り去ってしまい、頭皮状態が悪化してしまいます。

洗浄力よりも保湿を優先し、弱酸性のシャンプーで優しく洗いましょう。

また、潤いが不足しがちなため、しっとり系の化粧水を用いて乾燥を防ぐことで、頭皮の保護にも繋がります。

 

コメントを残す