シャンプーの3つの種類と特徴!結局どれを選ぶべきなのか

シャンプーの種類を知ることで薄毛予防につながる

薄毛を予防するには、シャンプー選びはとても大切です。
適したシャンプーを選ぶために、まずシャンプーの種類と特徴について見ていきましょう。

 

シャンプーの種類と特徴

シャンプーの種類と特徴について

シャンプーには種類があり、頭皮にあったものを使うことが大切です。
薄毛を予防したい場合には、基礎知識となる部分です。

代表的には、以下の3つの種類に分けることができます。

  •  石鹸系シャンプー
  •  アミノ酸系シャンプー
  •  高級アルコール系シャンプー

 

それぞれの特徴と、どんな方に向いているシャンプーなのか解説していきます。

 

石鹸系シャンプー

弱アルカリ性である石鹸を主原料とした、自然派のシャンプーです。

シャンプーの成分表に、「脂肪酸ナトリウム」や「石鹸素地」、「脂肪酸カリウム」などの表記がある場合は、石鹸系シャンプーに当てはまります。

石鹸系シャンプーのメリットとしては、以下のことが挙げられます。

  •  洗浄力が強い
  •  無添加なものが多い
  •  髪にコシとボリュームをもたらす
  •  比較的価格が安価

 

毛穴を塞ぐ皮脂までしっかり洗い流すほどの洗浄力を持ちます。

それにも関わらず、天然界面活性剤でできていて、頭皮に優しいのが特徴的です。

なるべく自然由来の成分をそのまま使い、極力余計なものを入れていないことから、比較的安価に作られています。

頭皮の皮脂の分泌量が多かったり、肌トラブルが起きやすい方に向いているシャンプーです。

シャンプーの際、アルカリ性の石鹸を使用することにより髪のキューティクルが剥がれ、髪内部の水分やタンパク質が逃げてしまいます。

必ずシャンプー後は、酸性のリンスを使用して中和してください。

ただし、洗浄力・脱脂力ともにとても強いので、乾燥肌の方やカラーやパーマ等で髪を痛めている方は、避けた方が良さそうです。

 

アミノ酸系シャンプー

このタンパク質が分解され、とても細かくなったものが主成分のアミノ酸です。

人の体はタンパク質で構成されていることからも、安心して使用することができます。

成分表記に「ココイル~」や「ラウロイル~」または「~ベタイン」と表記されているものは、アミノ酸系シャンプーに該当します。

アミノ酸系シャンプーは以下のようなメリットを持っています。

  •  弱酸性で刺激が少ない
  •  ほどほどの洗浄力
  •  頭皮を保湿できる

 

アミノ酸系シャンプーは、髪や頭皮と同じ弱酸性でできているので、非常に低刺激です。

また洗浄力は適度で、皮脂もある程度残してくれるため、フケ改善効果もあると言われています。

そして元々の美容成分により、手触りが良くおさまりの良い髪を作るとともに、頭皮を保湿することができます。

皮脂の分泌が少なく、頭皮の乾燥や髪のパサつきが気になる方に向いているシャンプーです。

ただしアミノ酸成分の原料が高いため、お値段は高く設定されています。

原価を抑えるために、石油系の洗浄成分を多く含んでいる商品も多数あり、購入する場合は良く見極める必要があります。

また肌なじみが良い反面、頭皮に吸着しやすく、流し残りしやすい性質があります。

流し残しがあると、かゆみや肌荒れを引き起こしますので、しっかり洗い流しましょう。

 

高級アルコール系シャンプー

ドラッグストアやスーパーなどで市販されている、一般的なシャンプーです。

アルコール分子の中に6炭素以上を含むものを「高級アルコール」と呼ぶため、そう呼ばれています。

高級アルコール系シャンプーは、以下のような特徴があります。

  •  一番身近で入手しやすい
  •  価格が安い
  •  髪のきしみをケア
  •  香料配合で香りも楽しめる

 

どこにでも売っているため入手しやすく、価格も安価で数百円からそろっています。

また、コーティング力のあるシリコン成分を含むので、ゴワゴワ感やきしみをケアする効果もあります。

できるだけコストを抑えたい方、皮膚や髪に特に悩みがなく、とにかく洗い上りの心地よさを重視したい方向けのシャンプーと言えるでしょう。

ただし高級アルコール系シャンプーは、着色料や保存料など様々な合成添加物を含み、さらに主成分は石油合成成分です。

また皮膚のタンパク質を破壊する「タンパク質変性作用」が強いことも分かっているので、頭皮に良いとは決して言えません。

薄毛を予防したい場合には、使用することはあまりおすすめできないシャンプーです。

 

コメントを残す