頭皮の柔らかさでわかる薄毛のなりやすさとチェック方法

頭皮の柔らかさと薄毛の関係

今の頭皮の状態で、薄毛になりやすい状態なのか判断することができます。
頭皮の柔らかさと薄毛の関係と、そのチェック方法について紹介していきます。

 

薄毛と頭皮の柔らかさの関係

薄毛と頭皮の柔らかさ

人間には様々な個人差がありますが、髪の毛の量や質にも言えることです。

当然ながら人間は日々年を取り、毛量もボリュームダウンしがちですが、同じ性別・年齢でもその量に明らかな差があることもあります。

薄毛になる人、ならない人には、どのような違いがあるのでしょうか。

一般的に、その違いは性別・年齢のほか、遺伝やストレスと言われていますが、頭頂部の髪の薄さに関しては、頭頂部の頭皮の張りが関わっているのです。

頭皮には頭蓋骨と皮膚がありますが、通常それらは適度に距離を取り、頭皮は柔らかな状態になっています。

頭皮に柔軟性があると、毛穴は開閉を行なうことができ、洗髪の際に毛穴の奥の汚れまできれいに落とすことができるため、頭皮を清潔に保つことができます。

しかし、頭蓋骨と皮膚とが密着していると頭皮が張っている状態になり、血管が圧迫されているため、頭皮の血行が阻害されます。

血流が滞ると髪の毛へ栄養が行き届きにくくなってしまいます。

また、毛穴の開閉がうまくいかなくなり、毛穴は開いたままの状態になり、汚れや老廃物が奥の方に蓄積していきます。

それが続くと頭皮のヘアサイクルにも悪循環を生みだし、抜け毛が増え、最終的に髪が痩せて薄毛になってしまうという訳なのです。

 

頭皮の張りをチェックする方法は?

頭皮の張りをチェックする方法

それでは、頭皮が張っている状態かどうかセルフチェックをしていきましょう。

その際に注意したい点としては、頭皮は繊細なものです。

強く動かしすぎたり爪を立てたりすると、頭皮に傷が入る可能性がありますので、必ず清潔な指の腹で優しくチェックするようにしましょう。

まずは、後頭部に両手を置き、指の腹で皮膚を上下左右に動かしてみてください。

少し皮膚が動く感覚があると思いますが、これが通常の柔らかい頭皮になります。

この感覚をよく覚えておきましょう。

次に頭頂部に指を移動させ、同じように頭頂部の皮膚を動かしてみます。

何度か繰り返してみて後頭部よりも動きにくいと感じるようであれば、頭皮は張っている状態であるということです。

もし頭頂部の動きが鈍く、頭皮の張りを感じるようなことがあれば早めにケアを行なうことで、血行や毛穴の開閉を改善し薄毛を予防することができます。

定期的に自分で頭皮の状態を把握して、健やかな頭皮を保つようにしましょう。

 

コメントを残す