トリートメントとコンディショナーの違いと使い分け方

トリートメントとコンディショナーの違い

シャンプーの後に使う、トリートメントやコンディショナーの違いがわからない人は多いはず。
それぞれの役割があり、使い分けることで、本来の効果を発揮します。

トリートメントとコンディショナーの違いと使い分けについて、紹介していきます。

 

トリートメントとコンディショナーの違い

トリートメントの役割は?

トリートメントとは、髪の中の水分をコントロールし、保湿成分を中まで浸透させることによって、髪を内部から補修してくれる役割があります。

最近の商品では、多くに髪の質感を良くするものがあります。

成分も自然由来のものを多く使用しているものが多く、傷んだ髪にさらにダメージを与えないように保護する役割もあります。

そのため、トリートメントは傷んだ髪の部分に使用することで、その効果を発揮します。

ダメージが強い方は、入浴後に使う洗い流さないトリートメントでケアする事がおすすめです。

 

コンディショナーとは?

コンディショナーは、髪の表面に油膜をはり、外からの摩擦や紫外線等の刺激から髪を守る役割があります。

トリートメントと違い、髪の表面をケアする効果があります。

コンディショナーには、シリコン系の成分が多く含まれているため、使用後は手触りも良く、くし通りも滑らかです。

最近ではノンシリコンの商品も多く、その代わりにトリートメント成分を配合したコンディショナーが販売されています。

しかし、そういったコンディショナーのトリートメント成分は、正規のトリートメントよりも成分は半分しか入っていないので、可能であれば、トリートメントとコンディショナーを別々で使う方が、効果を発揮します。

 

どうやって使い分けるべき?

トリートメントとコンディショナーを使い分けるには

カラーリングやパーマ、ヘアアイロン等の熱や紫外線で傷んだ髪は、中の水分もなくパサパサな状態です。

まず、髪の中までしっかりと水分を与え整えることが大事です。

その為、ダメージのある髪には内部の水分を調整し、保湿成分を中まで届けてくれるトリートメントが合っています。

ダメージはないけれども、髪がうねってしまいパサついたり、くし通りが悪い髪には、表面に油膜をはり、指通りを滑らかな質感にしてくれるコンディショナーが向いています。

両方使う場合には、シャンプー、トリートメント、コンディショナーの順で使うことをおすすめします。

シャンプーで汚れを洗い流し、トリートメントで栄養成分を髪に浸透させ、最後に浸透させた成分が外に出ないようにコンディショナーで蓋をするという効果があります。

この一手間だけでも、格段に髪のツヤや指通りが良くなります。

自分の髪の痛み具合や、指通りなどをしっかり把握し、トリートメントが合っているのか、コンディショナーが向いているのか、見極めるのも大切です。

 

コメントを残す