無添加シャンプーが肌に優しくない理由と正しい見分け方

無添加の本当の意味

現在では、無添加シャンプーが増えて人気が出ています。

しかし、無添加シャンプーだからといって肌に優しいシャンプーではないことを知っている人は多くありません。

無添加の本当の意味合いと正しい見分け方について紹介します。

 

無添加とは?

無添加は本当に肌に優しい?

無添加と聞くと、全ての添加物が一切入っていないように思いがちですが、それは間違いです。

実は、現在の薬事法では無添加の明確なルールや基準はありません。

以前から化粧品公正取引協議会では「無添加」「無配合」「フリー」などの用語を表示する場合、「〇〇無添加」や「○○フリー」等と表記するよう定めていました。

しかし、協議会に参加していない事業者には適用されなかった為、消費者の混乱を招いていました。

その後1980年に旧厚生省によって、アレルギーを引き起こす恐れのある表示指定成分103種類(現在では旧表示指定成分)の表記を義務づけました。

そのため、一般的にはこの103種類の成分が入っていないものを「無添加」と呼んでいます。

しかし指定されたのが35年以上前にもなる為、その間にも有害な物質を含む新たな化学成分はどんどん作り出されています。

新たに作られた、体に害のある化学成分が仮に製品に含まれていたとしても、旧表示指定成分が含まれていない為に「無添加」だと表記できてしまうのです。

 

無添加だと肌に優しい?

無添加シャンプーには合成界面活性剤が含まれていない為、肌本来が持つターンオーバー力や自浄作用を妨げることなく、自然な洗い上がりになるのが特徴です。

それにより髪にハリ・コシが生まれ、ふっくらとします。

しかし、先述した無添加の定義の曖昧さを踏まえても、絶対に「無添加=肌に優しい」といったイメージは排除した方が良いでしょう。

また例えば、皆さんが敬遠しがちな防腐剤ですが、これが入っていないことによりカビや細菌が繁殖しやすくなるとも考えられます。

逆に肌トラブルを招いてしまう原因になる可能性もあります。

ただし製品を選ぶ上で無添加の表示は、「皆さんの肌に出来るだけ優しく、肌の負担にならない成分を選んで作っています」というメーカー側の製品に対するこだわりが表れているので、判断材料の1つにはなるでしょう。

 

無添加に惑わされない見分け方

無添加シャンプーでなく適したシャンプーを選ぶ

そして薬事法の改訂により、2001年から現在まで、旧表示指定成分以外のものを含め、製品に配合されている全ての成分を表記する事が義務付けられています。

大切なのは「無添加」というだけで安心せず、自分自身で表示されている成分を全て見て判断することです。

なぜなら無添加なのに、肌荒れやかゆみが起きてしまった。といったように人それぞれ合う成分、合わない成分が違うからです。

特に、アレルギー体質や敏感肌でお悩みの方は、肌トラブルを引き起こさない為にも日頃から自分に合う成分を知り、知識を養っておきましょう。

 

コメントを残す