スカルプシャンプーとノンシリコンシャンプーのメリットデメリット

スカルプシャンプーとノンシリコンシャンプーの違いと特徴

スカルプシャンプーとノンシリコンシャンプーは、それぞれ異なる特徴を持っています。

メリットデメリットから、自分に適したシャンプーを選びやすくなります。

 

スカルプシャンプーについて

スカルプシャンプーのメリットデメリット

 

スカルプシャンプーとは?

「スカルプシャンプー」は、髪のみでなく頭皮を洗浄することを考えて作られたシャンプーです。

従来のシャンプーは洗浄力が強く、髪に付着した汚れだけでなく、頭皮の脂までもきれいさっぱり洗い流すことができました。

しかし、その反面、髪や頭皮にダメージを与えることも多いという特徴もありました。

スカルプシャンプーは、頭皮の健康を保護するために作られ、頭皮に優しいシャンプーになっているのです。

 

スカルプシャンプーのメリットデメリット

スカルプシャンプーのメリットは、主に以下の2つが挙げられます。

  •  頭皮を洗い環境を整える
  •  皮脂を取り過ぎず優しく洗浄できる

 

頭皮をきれいに洗浄すると、頭皮が脂っぽい脂性肌の方は、皮脂の分泌が過剰な傾向にあります。

皮脂が多すぎると、毛穴に詰まって髪の毛の成長を阻害し、薄毛へと発展することが多く見受けられます。

 

皮脂の分泌量が多い頭皮を清潔にすることは、薄毛を予防する上でとても大切です。

しかし、皮脂は通常の状態でも分泌されるものであり、適度な量であればむしろ頭皮に膜を張って刺激から保護し、有益なものとなります。

頭皮の皮脂を取り過ぎることなく、優しく洗浄してくれるスカルプシャンプーは、ほかのシャンプーに無い特徴と言えます。

スカルプシャンプーのデメリットはどんなものがあるのでしょうか。

  •  洗浄力が従来のシャンプーより弱い
  •  すっきり感が無い場合がある

 

今まで説明してきたようにスカルプシャンプーは、頭皮環境改善を主眼に置いて開発された商品となります。

そのため、今までのシャンプーに比べると洗浄力はマイルドになっています。

また、その優しい洗浄力ゆえに、髪を洗った後の爽快感をあまり感じないといった声もあります。

この洗い心地については、スカルプシャンプーの商品によって大きく左右されます。

 

ノンシリコンシャンプー

ノンシリコンシャンプーのメリットデメリット

 

ノンシリコンシャンプーとは?

シリコンとは、従来の一般的なシャンプーによく配合されていますが、髪に膜を張り、表面的な美しさを得ることができる成分です。

しかし、その膜が頭皮に残ってしまうと、汚れとして蓄積され、頭皮状態の悪化を招く危険があります。

「ノンシリコン」ですので、そのようなシリコン成分を含まず、安全に頭皮を洗浄することを目的として作られたシャンプーになります。

 

ノンシリコンシャンプーのメリットデメリット

ノンシリコンシャンプーは、主に以下のようなメリットがあります。

  •  シリコンを含まず髪に優しい
  •  汚れが落ちやすい

 

シリコン成分は安価に髪のキューティクルを整えてくれますが、この成分に頼りすぎてしまうと頭皮の皮脂を取り過ぎ、逆に過剰な皮脂分泌を促すこととなります。

そんな皮脂の分泌を防ぎ、しっかりと汚れを落としてくれるメリットがあります。

ノンシリコンシャンプーのデメリットは、主に以下の2つが挙げられます。

  •  洗い上がりの滑らかさが少ない
  •  高価な商品が多い

 

デメリットは髪に光沢をもたらすシリコンが含まれないため、洗い上がりが滑らかになりにくいことが特徴です。

毛髪を触った際、きしんだり髪がぱさぱさしたりする場合は、これが原因である場合がほとんどです。

また、ノンシリコンシャンプーはシリコン成分を他の成分で代用するため高額になりやすい傾向があり、長期間使っていく際に金額的な負担が大きくなります。

 

コメントを残す