知っている人が少ない自分の肌質に適したシャンプーの選び方!

肌質に適したシャンプーの選び方

肌質に適したシャンプーを使うことは、薄毛予防の大きなポイントです。

どんなシャンプーが適しているかとその選び方について、紹介していきます。

 

頭皮の肌質の特徴と適したシャンプー

普通肌

普通肌に適したシャンプー

普通肌とは、頭皮の水分量・皮脂量とも多すぎず少なすぎず、適度な環境にある状態です。

頭皮環境は良好で、肌にうるおいがある状態ですが、日々の生活習慣や周囲の乾燥状況などにより、頭皮の状態が変化しバランスが崩れることもあります。

なるべく、現状の普通肌を維持できるように、状態を保つことが大切です。

そんな普通肌の方は、基本的にはどのようなシャンプーを使っても大丈夫な頭皮状態と言えます。

シャンプー選びに困ったら、アミノ酸系のシャンプーがおすすめです。

そもそも肌は、アミノ酸とはたんぱく質から構成されているので、これらの成分が含まれていると、肌ケアとしての効果が高まります。

また、アミノ酸系のシャンプーは大豆やシルクといった天然の成分で作られています。

特徴として、適度な洗浄力と頭皮の傷みにくさを持っていて、トラブルが起こりにくいシャンプーです。

適量の皮脂状態にある普通肌の方に、適したシャンプーですのでおすすめです。

 

乾燥肌

頭皮が乾燥しがちな方の適したシャンプー

次に乾燥肌ですが、こちらは頭皮の皮脂や水分量が不足した状態で、全身が乾燥する人に多く見受けられます。

頭皮がかさつき、フケが肩に落ちる傾向のある場合、頭皮が乾燥肌になっている可能性が高いです。

過剰な洗髪やブラッシングによるダメージが、気になるフケや痒みの原因となることもあるため、できるだけ刺激の少ないマイルドなシャンプーを選ぶのがポイントです。

低刺激なシャンプーである無添加やノンシリコンのものが近年増えてきていますので、試してみるといいでしょう。

頭皮が乾燥しているため、保湿成分を含んだシャンプーなら更に効果的です。

 

 

脂性肌

脂性肌に適したシャンプー

脂性肌ですが、頭皮の皮脂や水分量が過剰な状態にあり、時間が経つと頭皮がべたつく、フケが髪の毛に張り付くなどの症状の方は脂性肌に当てはまります。

また、頭皮の油分が多いため、ニオイが気になることも多くなります。

こういった肌質の方には、洗浄力の強いシャンプーがおすすめです。

脂性肌の頭皮は皮脂量が多く、油分が毛穴を塞いでしまいがちです。

この詰まりを解消させずにいると、髪の毛の成長が阻害されたり、頭皮に炎症が起こったりすることがあるからです。

 

そんな脂性肌の頭皮には、洗浄力が高いが頭皮に優しいスカルプシャンプーが最適です。

注意点としては、ただ洗浄力が高いだけでは、髪を洗った後に毛穴が開いた状態になり、皮脂が多く分泌されてしまいベタベタしてしまいます。

髪を洗ったあとに、頭皮を保湿して毛穴を必要以上に開かせないことが大切です。

洗浄力と保湿力のどちらも高いシャンプーを選ぶと良いでしょう。

脂性肌の方は頭皮の炎症を引き起こしていることが多いため、安価なアルコール系シャンプーでは皮脂を根こそぎ奪ってしまい、却って過剰な皮脂分泌に繋がることがあります。

 

コメントを残す