合成ポリマーってどんな成分?特徴とメリットデメリット!

合成ポリマーの説明と良い効果悪い効果

シャンプーや育毛剤などに含まれている合成ポリマー。

合成ポリマーの特徴や見分け方について紹介していきます。

 

合成ポリマーとは?

合成ポリマーとはどんな成分?
ヒアルロン酸やキサンタンガムなどの天然ポリマーとは別に、化学的に合成された高分子化合物を指します。

身近なもので言うとビニールなどに使用される、ポリエチレンという合成樹脂、ナイロンなどの合成繊維、合成ゴム・ポリウレタン・シリコーンオイル・シリコーン樹脂など、これらの多様多種な物質の総称が合成ポリマーです。

合成ポリマーは変質せず、腐らない性質を持っています。

また、原料が安価で微量を配合するだけで、べたつかず触り心地の良い植物エキスのようなクリームや乳液が出来るため、安い化粧品やシャンプーなどに良く使われています。

 

どんな成分が合成ポリマー?

水溶性合成ポリマー

水溶性合成性ポリマーは、合成界面活性剤を補強する効果のある成分です。

天然のポリマーと同じように水に溶け粘度があるのが特徴です。

主に乳化剤、増粘剤、ゲル化剤として使用されます。

ちなみに、化粧水、美容液、乳液、クリームの順で合成ポリマーの濃度は増していきます。

主な成分は、カルボマー、アルリル酸、メタクリル酸、セルロース、加水分解コラーゲンなどです。

 

シリコーンポリマー

ケイ素系の合成ポリマーで、撥水性が高いのが特徴です。

シャンプーで使われることは少なく、汗に強いファンデーションや落ちない口紅、ウォータープルーフの日焼け止めなどの化粧品に使用されます。

主な成分は、ジメチコン、トリメコチン、シロキシケイサン、シロキサンなどです。

 

合成ポリマーはどんな効果がある?

合成ポリマーの影響

 

良い効果

合成ポリマーには、以下のようなメリットがあります。

  •  サラサラの髪になる
  •  一時的に頭皮がふっくら柔らかくなる
  •  シャンプーが安くなる

 

トリートメントやコンディショナー等、髪の毛に使用すると合成樹脂、湿潤剤などでコーティングされ、クシ通りの良いサラサラの髪の毛になります。

また、吸収性も優れていて、オムツにも使用されるくらい水分を保持できます。

それが肌の表面のシワなどに入り込む為、皮膚がふっくらとし一時的にシワを目立たせなくします。

また、合成ポリマーの原料は安価のため、シャンプー自体の価格も安くなる傾向があります。

 

悪い効果

合成ポリマーは、メリットだけでなくデメリットも持ち合わせています。

  •  頭皮のバリア機能を弱める
  •  頭皮トラブルを引き起こす可能性がある
  •  肌が乾燥する

 

本来の自身で肌を潤わせる「セラミド」を減らしてしまい、肌のバリア機能を弱めてしまいます。

そのため、自身では潤いを保てなくなってしまい、頭皮の乾燥につながる恐れがあります。

また、頭皮の表面で汗も油も通さない特徴があります。

その結果、皮膚表層の常在菌にも悪影響を及ぼし、肌荒れやニキビ・吹き出物などの肌トラブルを引き起こしやすくなります。

また、紫外線に当たった際の光毒性などの問題も指摘されています。

その他にも、シリコーンは肌の耐水機能を高める為、汗をかいても弾いて肌に吸収されず、そのまま蒸発してしまうので肌の乾燥を進行させます。

 

コメントを残す