合成界面活性剤っていいもの?悪いもの?

合成界面活性剤の特徴とは?

シャンプーや化粧水、ボディソープなど様々な製品に使われている合成界面活性剤。

どんな成分なのか、どんな効果があるのか紹介していきます。

 

合成界面活性剤とは?

本来であれば混ざり合うことのない水と油を混ぜた成分を合成界面活性剤と呼んでいます。

石鹸はレシチンや大豆サポニンなど天然由来の成分を使用した、界面活性剤の一種です。

天然の界面活性剤では、落ちにくいメイクなどの汚れを落とすために合成界面活性剤は作られました。

また、シャンプーやボディーソープにも配合されています。

界面活性剤の水を油を混ぜ合わせる性質を利用して、マヨネーズなどの食品にも使用されています。

 

オーガニックや無添加は合成界面活性剤を使っている?

合成界面活性剤はどこで使用されている?

最近では、シャンプーにもオーガニックシャンプーや無添加シャンプーなどが多く、人気があります。

「オーガニック」とは化学肥料を使用せずに栽培されたものを指します。

農薬や化学肥料を使うことなく作られたものなので、人の体や環境にやさしいものであるといえます。

自然で肌に優しいため、頭皮本来の良い機能を引き出すことができます。

合成界面活性剤は、オーガニックシャンプーや化粧水にも使用されている成分です。

また、マヨネーズを製造するときにしようする界面活性剤をつかっていることがほとんどであることからも、体の中に入っても安心であることがわかります。

「無添加」とは、以前から表示義務があった刺激が強い成分である合成界面活性剤・パラベンなどを配合していない商品のことです。

こちらも薬事法などで明確な規制はないため、合成界面活性剤を使用している無添加のシャンプーや化粧水は存在します。

 

合成界面活性剤の効果は?

合成界面活性剤は、油分と水分が混ぜ合わさっているため、有効成分をむらなく使用することができます。

特にシャンプーでは、使用する前に容器を振る方はほとんどいないと思いますが、その必要もありません。

合成界面活性剤のおかげで、製品の安定性が保たれるので、頭皮が敏感な方でも使用することができます。

しかし、一部の合成界面活性剤には、刺激を強くする恐れのある成分があります。

それは、石油をもとに製造された界面活性剤です。

お風呂で体を洗った後などに、いつまでもぬるぬるした感じが残っているという経験があるのではないでしょうか?

そのぬるぬるした感触こそが、界面活性剤が肌に残っているというサインです。

石油系の界面活性剤は肌の防衛機能を弱めてしまったり、タンパク質の形を変えてしまう危険があるとされています。

肌への刺激となる可能性があるため、できるだけ避けるようにすると、安心して使用できるでしょう。

 

コメントを残す