薄毛予防をしたい方は必見!正しいシャンプーの方法について

シャンプーの方法と薄毛の関係

毎日行うシャンプーのやり方を少し意識するだけで、将来の薄毛予防につながります。

簡単にできることなので、実践してみてはいかがでしょうか?

 

薄毛と頭皮の汚れの関係

頭皮の汚れは薄毛の原因に

頭皮には髪の毛が生える毛穴が無数にあります。

この毛穴に、皮脂やホコリなどの汚れが詰まってしまうと、毛髪が抜けやすくなってしまいます。

頭皮の皮脂などの汚れを放っておくと、雑菌が繁殖したり、炎症を起こし皮膚疾患になり、毛穴から毛髪が抜け落ちてしまうのです。

さらに頭皮が汚れていると、頭皮の細胞が酸欠状態となってしまい、頭皮環境はさらに悪化してしまいます。

頭皮が汚れていると薄毛の原因になるのです。

 

正しいシャンプーの方法

薄毛予防できるシャンプーのやり方

頭皮の毛穴を開かせておく

シャンプーを行う前に、頭皮の毛穴を開かせることで、毛穴の奥まできれいに洗浄することができます。

そのためには、頭皮を温めることはもちろんですが、体全体の体温を上げておく必要があります。

体温が上がると、皮膚が温まり血流が良くなり、頭皮の毛穴も開かせることができます。

そのため、浴室に入ってから、すぐに頭を洗うのでなく、41度前後のシャワーを約5分間程度浴びて、体を温めるようにしましょう。

 

薄毛になりにくい部分から洗う

できれば、シャンプーをする前にブラッシングをしましょう。

ブラッシングをすることによって、頭皮や髪の毛の汚れを落とせて、シャンプーの泡立ちもよくなります。

さらにブラシの毛が頭皮を刺激して血行が良くなり、頭皮に栄養が届きやすくなるので一石二鳥です。

1~2回プッシュした量のシャンプーを手のひらにとって、よく泡立てます。

泡立ったシャンプーは、髪をかき分けるようにして後頭部の頭皮に直接つけます。

そして指の腹で指圧するような感覚で、優しく包み込むようにして洗います。

その際に、以下のような順番で、薄毛になりにくい部分から洗うように心がけましょう。

  •  後頭部
  •  側頭部
  •  頭頂部
  •  前頭部
  •  生え際

 

こうすることで、薄毛になりやすい部分に対して、最小限の刺激で済ませることができます。

簡単なことですが、毎日の積み重なるため、将来的に薄毛と大きく関係してきます。

また、爪を立てないように注意してください。

爪で頭皮が傷つくとフケがでてしまったり、頭皮トラブルを引き起こす可能性があります。

 

優しく洗い流す

毛根を包み込むようにシャンプーしたら、一度すすいで泡を流します。

シャンプーが残っていると毛穴の汚れになってしまうので、入念に洗い流します。

トリートメントをする場合は、頭皮にはつかないように注意が必要です。

トリートメントは髪の毛のためのものなので、本来であれば頭皮につける必要がないのです。

トリートメントを流す時は、なるべく頭皮に付かないように頭をうまく傾けて流すことをおすすめします。

 

コメントを残す