毎日ドライヤーをかけずに自然乾燥させていることの影響って?

髪を濡らしたままだと薄毛になる?

毎日、ドライヤーをかけずに自然乾燥させているのは、どんな影響があるか知っていますか?

ドライヤーをかけるのと自然乾燥させるのはどちらが良いのか、ご紹介します。

 

ドライヤーと自然乾燥はどちらが良いの?

ドライヤーをかけるべき

ドライヤーをかける習慣がある人は、薄くなりやすいという噂を聞いた事はありませんか?

それは間違ったドライヤーの使い方をしているからです。

でも、ドライヤーを使っているときに髪の毛がよく抜けるけど…という方もいると思います。

髪の毛のサイクルの中で、休止期で抜けるのを待っている髪の毛や毛穴の奥で新たに成長を始めた髪に、押し出されるようにして自然に抜けた髪の毛があります。

それらが、シャンプーの際に落ちずに、ドライヤーやブラッシングの弾みで落ちたものであることが多いです。

ドライヤーをかけるのと、自然乾燥させるのはどちらが良いのかについては、自然乾燥よりも、正しくドライヤーを使い、素早く髪の毛や地肌を乾かす方が良いです。

自然乾燥の場合、熱からのダメージはありませんが、地肌や髪の毛が長い時間濡れている状態は、大きな影響を与えるためです。

 

ドライヤーをかけないと薄毛が進行する理由

薄毛が信仰する理由

毎日、自然乾燥させている場合は、以下のような影響を与えることとなります。

  •  雑菌が繁殖する
  •  頭皮が冷えて血行が悪くなる
  •  髪の毛が痛む

 

タオルドライで大体乾いてるから大丈夫と思っていても、ニオイや痒みの原因になり、雑菌が繁殖します。

家の中で湿気が多い場所にカビが繁殖することがありますが、それと似ています。

主に、マラセチア菌という真菌で、カビの一種である常在菌が頭皮で繁殖します。

マラセチア菌は、シャンプーの際に残った皮脂やトリートメントなどを好み、皮脂や老廃物が毛穴を塞ぐ事により、髪が抜けやすくなり、薄毛の直接的な原因となります。

マラセチア菌が多く繁殖すると、マラセチア毛包炎というニキビのようなものが出来てしまいます。

その場合、自然治癒の可能性は低く、皮膚科などの医療機関での治療が必要となります。

また、濡れた状態で長時間いると、頭皮が冷えて血行が悪くなり、血液を通じて栄養素や酸素が充分に髪の毛に届かなくなり抜け毛に繋がります。

そして、キューティクルは濡れたり湿っていると、開いた状態になって剥がれ易くなります。

キューティクルが剥がれると、髪の毛の内部のタンパク質などが流れ出して髪の毛が傷み、髪質が悪化し枝毛や切れ毛などから痛んで引っかかりやすくなり、抜け毛になる可能性があります。

つまり、濡れていたり、湿っている時間と頭皮や髪の毛が大きなダメージを受けて、薄毛につながるのです。

毎日、髪を乾かさずに自然乾燥させていくと、少しづつダメージが蓄積されて、徐々に影響が出始めます。

男性の場合、女性に比べて、髪を乾かす時間は短く済むので、必ず髪を乾かす習慣をつけることが大切です。

 

薄毛を進行させて大丈夫?ドライヤーを正しくかける5つの注意点!

薄毛予防のためのドライヤーの注意点

普段、なにげなくかけてしまいがちなドライヤーですが、髪に大きなダメージを与えています。
正しくドライヤーをかけることで、そのダメージを最小限に抑えることができます。

ドライヤーをかける注意点について、紹介していきます。

「薄毛を進行させて大丈夫?ドライヤーを正しくかける5つの注意点!」の続きを読む…