育毛している男性必見!育毛剤で注意すべき副作用と対策方法について

育毛剤の副作用について

育毛剤を使用して副作用が発生することはあるのでしょうか?

副作用の症状と、発生した際の対策方法について、紹介します。

 

育毛剤って副作用がある?

育毛剤の副作用の症状は?

薄毛対策において、頭皮に直接塗布するものの他に、服用するものがあります。

最近では、育毛剤も発毛剤も両方の効果を持つものがほとんどで、これらに境界線がなくなってきました。

育毛剤は、ほぼ医薬部外品または、化粧品です。

治療ではなく、今の現状維持と改善することを目的としています。

そのため、医薬品よりも作用は緩やかではありますが、有効成分による副作用が起こる場合があります。

副作用の症状として、以下の症状が発生する可能性があります。

  •  かゆみ
  •  ほてり
  •  痛み
  •  ヒリヒリ/ピリピリなどの一過性の刺激
  •  アレルギー反応 など

医薬部外品や化粧品に属する育毛剤は、処方箋が必要なく、気軽に購入できる反面、自身で判断しなければならないこともあります。

かゆみやほてりなどがある場合は、その製品がご自身に合っていないか、もしくは、頭皮に傷があったり、頭皮が弱くなっている可能性が高いです。

添加物などの影響により、症状が出ることもあります。

アルコール成分は、爽快感を与えてくれますが、肌荒れをされている方や敏感肌の方は、ヒリヒリ、ピリピリする場合があります。

これは、アルコールが、脂肪を分解することで乾燥を招くからです。そして、アルコールでアレルギー反応が出ることもあります。

また、安価の育毛剤には、注意が必要です。

安価の育毛剤は、コストを抑えるため、成分には、石油化合物や刺激性の強い合成界面活性剤が使用されている傾向があります。

合成界面活性剤は、乳化作用、浸透作用、殺菌作用なども持っています。

合成界面活性剤に於ける乳化作用は、皮脂膜を剥ぎ、細胞膜を溶かしてしまいます。

浸透作用は、溶かした細胞膜そして、細胞間を通過し、細胞を破壊していきます。

合成界面活性剤は、残留、難分解性があり、皮膚細胞から浸透した場合は、肝臓の解毒作用が働かなくなってしまいます。

また、肝細胞や肝臓、連鎖をして腎臓など内臓に影響していくといわれています。

 

副作用の対策方法

育毛剤の副作用の対策方法について

効き目を期待するあまり、回数や量を多く塗布したり、ヘッドマッサージのし過ぎが、かゆみや痛み、ただれなどの原因になることがあります。

表示されている正しい使用方法や決められた回数を守りましょう。

また、育毛剤をすぐに変えることも一つの対策手段です。

その際に重要なポイントとして、副作用の原因となる成分がどれほど入っているかチェックして育毛剤を選ぶようにしましょう。

また、スティンギングテストをご自身でするのも方法の一つです。

スティンギングとは、使用時に一過性の刺激としてヒリヒリする、ピリピリすることです。

スティンギングテストは、敏感肌の方を対象に、スティンギングが起こるのかをテストします。

パッチテスト済み、アレルギーテスト済みと記載された商品を選ぶのも大切です。

赤みを帯びたり、かゆみ、ピリピリ、ヒリヒリなどの痛みを感じた場合は、速やかに使用をやめてください。

 

コメントを残す