サラリーマンが薄毛にならないために気をつけるべき5大注意点

サラリーマンが気をつけるべき薄毛の注意点

サラリーマンの生活には、薄毛になりやすいポイントが詰まっています。

しかし、少し気をつけるだけで、薄毛を進行させずに予防することができます。

簡単に実施できる4大注意点について紹介していきます。

 

サラリーマンが薄毛にならないための5大注意点

バランスの良い食事生活

健康的な栄養のある食事

毎日の忙しい生活や精神的に余裕がないと、食事も適当になってしまいがちです。

単身赴任や独身などで、自分自身で用意しなければならない方は、どうしてもバランスが偏りがちになりますよね。

特に、インスタントラーメンやファーストフードなどを食べ続けている場合には、かなり危険性が高まります。

脱毛や発毛の司令を毛母細胞に出し、毛母細胞は、それをもとに髪の毛を作り出すという仕組みになっています。

そうしたことから、髪の毛にとって栄養素はとても重要なものです。

また、油分の多い、揚げ物や炒め物もなるべく減らすようにすると、頭皮や髪の毛に刺激を与えずに済みます。

 

十分な睡眠時間

しっかりと睡眠をとる

薄毛対策において、十分な睡眠をとることも大切です。

睡眠不足によって、ヘアサイクルを乱し、成長ホルモンの成長を妨げます。

それだけでなく、自律神経が乱れが血管を収縮させて血行不良となり、薄毛を始めとする、様々な病気をもたらす原因となります。

熟睡をすることや十分な睡眠時間を確保することがとても重要です。

 

眼精疲労を抑える

眼精疲労を和らげる

デスクワークの方は、毎日パソコン、スマートフォンの画面を長時間見ることによる、眼精疲労が溜まります。

眼鏡やコンタクトレンズが合っていなかったり、パソコンやスマートフォンを近距離で見ることで、一気に眼精疲労が溜まってしまいます。

自身で気をつけられる部分もあるかと思いますが、職場環境等により難しい場合もあると思います。

以下のような眼精疲労ケアグッズや自宅ケアを用いることで、眼精疲労を和らげることができます。

  •  有効成分が含まれた目薬
  •  ブルーライトカットメガネ・コンタクト
  •  ブルーライトカットフィルム
  •  ホッとアイマスク
  •  アイケアサプリメント

ブルーライトをカットすることで、眼精疲労を抑えたり、生活リズムを整えることができます。

最近では、ブルーライトカットやアイケア用品が充実してきているため、気に入ったものから始めると良いでしょう。

 

髪の毛をしっかり乾かす

ドライヤーで髪の毛を毎日乾かす

髪の毛や頭皮が濡れた状態のまま、長時間放置すると雑菌が増殖します。

これらの雑菌によってマラセチア毛包炎は、高温多湿、多汗を好み、発症します。

これらは、自然治癒の可能性は低いため、皮膚科などの医療機関での治療が必要です。

更に、ドライヤーをかけないことは、頭皮環境のバランスが崩れ血行不良などを引き起こし、結果として薄毛の原因につながります。

ただし、ドライヤーをかける際にもただしいポイントを押さえておくことが大切です。

 

頭皮を清潔な状態にする

汚れをしっかりと落とす

頭皮環境を整えることは、薄毛対策においてとても大切です。

特に脂性肌で、皮脂の分泌量が多い方には、毎日のシャンプーを欠かさないようにしましょう。

また、スタイリング剤を使用している場合も、髪の毛の絡まりや地肌に付着などにより、毛穴が詰まるなど薄毛の原因になります。

どちらの場合も、1日シャンプーを怠る事により汚れが落ちにくくなったり、かゆみや吹き出物、臭いの原因になります。

ヘアワックスなどをつけている場合には2度洗いなどで、しっかりと汚れを落としてあげることが大切です。

 

コメントを残す